2007年7月25日 (水)

「UNIA」

激失速!!!!!(泣)

で、待ちに待ったソナタの新作。
そしてひさしぶりのブログ更新(笑)
初回限定時に金が無く買えなかったので、あきらめてたら最寄のツタヤにあったので「the  アンサー」を買う金をソナタに迷わず投入。
タイトルの「UNIA」はあちらのお国の言葉で「夢」という意味があるそうで。
裏ジャケにはなぜか日本語で「素敵な夢を」なんて書いてある。
中身はどちらかというとナイトメアチックなのでそのタイトルと言葉が色んな意味合いに・・・。
そしてなりより、今回のアルバム、いつもと違うのです。
良い意味でも悪い意味でも。
きっと1枚目からのファンは、
なに、この遅さは・・・
と絶対思ったはず。
メロスピ、メロパワとジャンル分けされる彼らから「スピードメタル」の要素が(今までに比べて)まったく無くなってるわけで・・・。
致命的なんじゃないかと思いつつ。
でも、結果からいうと、そうでもない。
最初は「うーん」と思ったけど、何回か繰り返し聞いてると、いつものソナタ節。
うー、でもあの疾走感がないのよ・・・。
メロディー部分や歌い方は今までのソナタなのに、バックのドコドコ小刻みに刻まれるリズムも永遠流れるようなキーボードの美旋律も(多少あるものの)ほとんど影を隠し、突っ走るよりも、もわもわ~んな雰囲気。
この曲がっ、というのがあまりなく、全体的に均一。
ま、タイトルからして本人達のイメージ通りに仕上がってるんじゃないだろか?
私の勝手なイメージで、1stアルバムは「若さ爆発」で(笑)2,3と「猛吹雪」、4が「嵐」で今回「夢」、とアルバムごとにテーマを感じてしまう。
失ったものに変わって、追加されたものにコーラス・ハーモニーがとても多様。
さながらクィーンのボヘミアンラプソディー。
重厚さが加わって、一曲一曲が濃い仕上がりに。
前作のレコニングナイトからちょっとこういう傾向は何曲かあったので、「全面的にそっちにしったった」感が。
そんでもって、ヤニさんのギターのディストーションっていうんですか?(知らない言葉を使うもんじゃないな・・・・)歪み具合がちょっときつめになってた。
ちなみにヤニさん兵役で当分お休みです(T-T)
森と湖とキシリトールの国フィンランドのイメージから兵役なんて思いもしなかったよ。
歌詞も今までのようなファンタジーに包んだようなものよりも、より現代的でそれがリアルに暗い(笑)トニー、何か嫌なことあったのか?と心配してしまう。

なんだかんだ言っても、ソナタ節は健在で、どの曲を聴いても、すぐにそれとわかる。メロディー部分は変わってないからね。
飲み物で例えるとサイダーがコーンクリームスープになった感じ(なんじゃそれ・・・)
つまりはですな、5枚目にしてもなおクオリティーの高い良いアルバムでした、と。
多分ファンの人がみんな思うように、私もこのアルバム嫌いではない。
1枚目2枚目のアルバムを聞いて同じものを期待するなら、ちょっとオススメできませんが・・・・。

ただ、ファンとしては、このままアメリカ市場を狙うような曲調に傾くのなら、それはいただけない。好きな某メタルバンドかそうなって、どれだけ泣いたか。
リンキンパークのU2化みたいなのも勘弁。
あくまでも北欧メタルとしての色はなくなりませんよう、切に願うばかりです。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

OUTRAGE 「WHO WE ARE」

 マルーン5、リンキン、ソナタ、と、聴きたいnewアルバムが続々発売で早くレンタル屋に並ばないかなぁ、なんて遥か先のことを考え中。
5枚目ともなるとソナタとかはひょっとしたら、永遠に並ばないかもね(笑)
買いに行くか・・・・。

 今日はひさしぶりに音楽の話。

 スラッシュメタルってどんな曲?という疑問にお友達が貸してくれたCD。
OUTRAGE「WHO WE ARE」
日本人です。
おお、めずらしいじゃん、邦楽聞くんだ。ノンノン。全文英語の完璧洋楽のノリです。
曲的にはランシドっぽかったり、マリリンっぽかったり、といろいろミックスされた感じ。
でもこれがいい感じでかっこよい。
ちょっと昔、日本人でも歌詞が全部英語のバンドが結構出てきた時に、ラジオなんかで耳にしたことがあって、どうも違和感があったけど、ここはこの違和感がない。
こういうバンドが表に出てくればいいのにな・・・。
しかし残念ながらその後ボーカルが変わったらしく・・・。
「声」ってとっても大事よ。音としての「言語」もね。
各国の「語」がもつ音色ってのがあって、リズムも音も。
同じ曲でも日本語で歌うのと英語で歌うのじゃまったく雰囲気が違ってくるからね。
その全部ひっくるめて音程もとるボーカルが変わるってのは・・・。
残念だわ・・・。

| | コメント (0)

2007年2月 6日 (火)

DEEP PURPLE DVD

ある日親父さんがニコニコしながら「買ってきた~」と持ってきたのが
ディープパープルのライブビデオ。ただし、やや怪しめ・・・。
どこで買ってきてん・・・・。
ま、見られたら何でもいいやと、さっそく親子そろってTVの前にスタンバイ。
イアン・ギランじゃないほうのヴォーカルなので、何だか違うね、といいつつ
2人して思ったことが、
ベースのほうが歌うまいじゃん
このメインヴォーカルのディヴィッドはパッと出の兄ちゃんらしい。
でも今の日本人には彼の代表作の方が聞きなれてるかも(BURN)。
うーん、しかしこのグレン・ヒューズ(b、Vo)の方が声が通ってハイトーンボイス。
ってか、いつからツインボーカルみたいになったんだろ・・・・。
イアンいなくなってからか?とボーっと思いながら話はリッチー・ブラックモア大先生へ。
ノリノリのグレンに比べなくても、大先生、微動だにせず終始無表情。
4曲目でちょっと体が動く程度で、「お、かなりノってきたね」と親父。
ちなみにすごい数のお客さん入ってるけど、前列見る限りでは客は棒立ち・・・。
他のメンバーがピンで映る時は全身か顔のアップなのに、大先生の場合は
ソロの時ももちろん左手のアップ・・・。
それでも「すごいよね~かっこいいよね~指長いよね~」と満足。
そして「お約束」の「space truckin'」。
ちょこっと大先生の笑顔が・・・きゃ。やるんすね、壊すんすね。
おもむろにギターをはずし舞台のキワでゴリゴリしだしたかと思えば、
靴のまま絃かき鳴らし、ブンブンふりまわしぃの、地面に叩きつけぇの。
叩き付けたギターをそのまま観客へ放り投げ(危ないっす)、
ライブを撮っているでっかいカメラに向かって無表情でギターを叩きつけ
(やり過ぎってか、それはダメだろ。その前に無表情の先生が怖かった・・・・)
意味無くスピーカーを爆発。
そして黙々とスピーカーを舞台下に投げ捨てる大先生。

とりあえず大団円。

・・・・「お約束」とはいえ、何したいんっすか?

見終わった後、やっぱイアンの時の買ってこよう、と親父さん。
それより歴代のDVD出てなかったっけ?
と提案しようと思ったが、高かったはずなので買わねぇだろな・・・。


それにしてもどうしてフォトギャラリーにジョン・ロード(K)だけ無いんですか?

| | コメント (2)

2006年12月23日 (土)

この中にお好きなのありますか?

音楽って具体的にどんなの?ということなんで今まで聞いたことのある好きな音楽を。
(2曲は知ってるぞ、程度のものまで)

小さい時はピンクレディーが好きだったらしく1枚レコード買ってもらってます。
それと、ソノシートでゴダイゴも持ってた。西遊記大好きだったね。
ゴレンジャーの歌とか。(なつかしい・・・・)
で、とりあえず中学入るまでは主にクラシックばかり聞いてました。
アンソロジーものだし、題名を覚えないのでどれ聞いてたかは書けない(笑)けど、チャイコフスキーの「1812年」(多分こんな作曲家でこんな題名。違うかったら指摘して!)が好きで繰り返しよく聞いてました。
あの、大砲が楽器の一つとして入ってる曲ね。
親父さんのレコード聞いてましたね。レコードの独特のノイズが好きです。
自分で最初に買ったCDは多分ピアノのためのクラシック名曲集みたいなやつ。
先日までのケータイの着メロは「野ばらに寄す」でした。いい曲だ。
中学入ると先輩の影響で、初めて(?)ポップス系を。
新鮮でしたね。
渡辺美里、TMネットワーク、BOOM(ブームってこんなつづり?)、レピッシュ、米米。
これ以外はあんまり知らない(笑)。
それと同時に親父さんの影響でオールディーズとかディープパープルとかユーライアヒープとかCCR,ビートルズ、ミスターミスター、エアサプライ、ジャーニー、レッドツェッペリン。
でボンジョヴィになりハロウィン、Mr.ビッグ、バックス、ガンマレイ、クイーン、ホワイトスネイク、エアロ、レッチリ、オジー、スッキドロウ、プリティメイズ、ブライアンセッツァー、マリリンマンソン、ロブゾンビ、ランシド、オフスプリング、ジミーイートワールド、マルーン5、ルースター、コーラル、エニグマ、ソナタアークティカ、ラプソディーって感じ。
ね、メタルだけじゃないでしょ?
でも浅く狭く(笑)。いちばん好きなのはメタル。
高校生ぐらいからは、洋楽しか聞かなくなったね。

ちなみに幼稚園ぐらいの時の写真で、
でっかいヘッドホンつけて満面の笑みで微笑んでる写真があるんだけど、
側には(レコードで)ユーライアヒープの蜘蛛の巣だらけの男の顔のジャケが・・・。
お父さん・・・幼稚園児にヒープ聞かせてたのね・・・みたいな。

| | コメント (2)

2006年11月27日 (月)

Sonata arctica 「Silence」

前言撤回。
ハロウィンのカバーアルバム、結構良いよ(笑)
と、いうことでみなさまおはようございます。
ブログも見つかったことだし・・・・。
なんだかはずかしいなぁ、と思いつつ、多分何書いてるかわかんないと思うので、まっいっか。
で、今回も皆さんの知らない(笑)音楽の話でも。
と、いってもけっこう有名どころしか聞いてないんですよ。ええ。

最近よく目にするのが北欧のメタルさんたちで、最初は「北欧~?」とか思ってたけど、これが結構ツボ。
(今さらかよ、と言わないように。時代には鈍感なんで)
よくよく考えてみると大半がヨーロッパ系のアーティストのCDを聞いている。
そしてなぜか歌詞が母国語じゃないバンドが好きだったりする割合が高い(笑)
で、その中の一つがソナタアークティカ。フィンランド人。
3年ほど前に友達に借りてはまりました。
(元々ハロウィンとか好きだしね。)
で、最近知った知識。どうやらメロディック・パワー・メタルというジャンルが好きらしい(笑)

どのアルバムも好きだけど、「サイレンス」が今のとこ一番好きかも。
イメージ的には終始吹雪いてます。
フィンランドって寒いんだなぁと(笑)
あと、ハードな曲に違和感無く流れる美しいキーボードの旋律が不思議なぐらい合ってて、そこがツボ。
「タルラー」から「ウルフ&レイヴン」に行く曲順が最強。


| | コメント (5)

2006年11月 7日 (火)

何故に・・・

先日時間つぶしに本屋で雑誌を立ち読み。
雑誌って読まないんだよね(笑)
だから流行には鈍感。(「だから」って訳はないと思うけどね)
で、1年ぶりぐらいに音楽雑誌を読む。
「!」
「?」
この間ブログに書いてたラプソディーを発見(写真付)。
でもバンド名が微妙に違う。
「ラプソディー・オブ・ファイア」って・・・・。(イン・ファイアだったかも・・・)
どうやら著作権だかなんだかで名前が使えないようになったらしい。
おいおい;
「阪神優勝」並にひどいんじゃない?
そんな普通の単語も使われないのかよ、っと軽く憤り。
続きの記事を読む前に時間となったので詳しくはわからない。
けっこうの枚数のアルバム出てるのにね・・・。
がんばれラプソディー。

| | コメント (5)

2006年11月 5日 (日)

Rhapsody 「Symphony of enchanted lands」

ゲームミュージックはお好きですか?
ということで、今回はラプソディー。

「シンフォニック・クラシック・メタル」とかパッケージに書いてあるわけですよ。
かなり気になるわけですよ
イタリアのバンドらしいけど、どうよ。
でもレンタル屋には置いてないだろなぁ、と思ったらあったので早速レンタル
民謡とオペラとクラシックをメタルに混ぜ込んだような曲でした。
分かりやすく言うと
FFとかドラクエとかのファンタジーRPG音楽、ファンタジー系映画音楽でも可
で、ちょっとメタル調。
物語風になってて、アルガロードって世界を悪の魔の手から守るべく氷の戦士が聖なるドラゴンと一緒に戦う、って感じの話らしい。
で、今回は暗黒の塔にあるエメラルドソードをとりにいくらしい。
って、続きものかよっ。
あ、2ndアルバムって書いてあるわ・・・・;
ま、そんなこんなで、とても壮大な音楽でかっこいいのです。
ハープシーコードとかチェンバロとかがますますRPG、で、そこにホーン系がババーンと入ってきて、壮大さアップ。
ドラムが入ると急にメタル調になってヴォーカルパートにつながるわけですが、インストゥルメンタルだけでもけっこう好き。
ただ、歌詞にひねりが欲しいと思ったのは私だけだろうか・・・・。

| | コメント (2)

2006年10月12日 (木)

HELLOWEEN 「METAL JUKEBOX」

えぇ、日記とか続いたためしがないんだよね
3日坊主。めんどくさがりやだし(笑)飽き性だし(ダメじゃん)
なので祝3日(回)目といわけで(笑)

音楽の話でも。

えぇ、中学からのヘビメタ好きです。
こよなく愛してます。
先日どうしても欲しくて買っちゃいました、ハロウィンの「ジュークボックス」。
(どうでもいいことだけど、この程度の違いなら、原題そのまま明記しようよビクター)
カボチャがジュークボックにコイン入れてるアメコミ風のジャケね。
できればレンタルですましたかったのに(笑)どこにも置いてないんだもん。
中古にもないしさ。
まして、普通のCD屋にもない(笑)
ダメもとで前の職場の知人に聞いたら
「在庫あったよ」
のお知らせ。・・・・さすが、元職場。
で、ルンルンで帰宅。
期待大で聞きました。
期待が大きすぎたのか、言えることは

カバーはしない方がいい。


そうだよね、ヘビメタのみなさんにカバーやアレンジを求めちゃだめだよ。
リミックス好きのロブさんとかラップの人みたいにうまいことできると思ってるところからして、間違ってんのよ、私。
あなた達だけの音楽を作っていってください。

ちなみにアンディの解説付き。
私が一番しっくりきたのがフランク・マリノの「ジャガーノート」。
クリームの「ホワイトルーム」も好きだけど、アンディ的には酷評。
ビートルズの「all my laving」に関しては、カラオケでした。
本人気持ちよく歌えたそうな・・・まさしくカラオケ。
フォーカスの「悪魔の呪文」で絶句。ヨ・・・ヨーデル?
ディープパープルの「ラットバットブルー」にしろ、カバーとかアレンジの前に、
選曲がいけてないのでは、
と思った一枚でした。

| | コメント (2)