« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月25日 (水)

「UNIA」

激失速!!!!!(泣)

で、待ちに待ったソナタの新作。
そしてひさしぶりのブログ更新(笑)
初回限定時に金が無く買えなかったので、あきらめてたら最寄のツタヤにあったので「the  アンサー」を買う金をソナタに迷わず投入。
タイトルの「UNIA」はあちらのお国の言葉で「夢」という意味があるそうで。
裏ジャケにはなぜか日本語で「素敵な夢を」なんて書いてある。
中身はどちらかというとナイトメアチックなのでそのタイトルと言葉が色んな意味合いに・・・。
そしてなりより、今回のアルバム、いつもと違うのです。
良い意味でも悪い意味でも。
きっと1枚目からのファンは、
なに、この遅さは・・・
と絶対思ったはず。
メロスピ、メロパワとジャンル分けされる彼らから「スピードメタル」の要素が(今までに比べて)まったく無くなってるわけで・・・。
致命的なんじゃないかと思いつつ。
でも、結果からいうと、そうでもない。
最初は「うーん」と思ったけど、何回か繰り返し聞いてると、いつものソナタ節。
うー、でもあの疾走感がないのよ・・・。
メロディー部分や歌い方は今までのソナタなのに、バックのドコドコ小刻みに刻まれるリズムも永遠流れるようなキーボードの美旋律も(多少あるものの)ほとんど影を隠し、突っ走るよりも、もわもわ~んな雰囲気。
この曲がっ、というのがあまりなく、全体的に均一。
ま、タイトルからして本人達のイメージ通りに仕上がってるんじゃないだろか?
私の勝手なイメージで、1stアルバムは「若さ爆発」で(笑)2,3と「猛吹雪」、4が「嵐」で今回「夢」、とアルバムごとにテーマを感じてしまう。
失ったものに変わって、追加されたものにコーラス・ハーモニーがとても多様。
さながらクィーンのボヘミアンラプソディー。
重厚さが加わって、一曲一曲が濃い仕上がりに。
前作のレコニングナイトからちょっとこういう傾向は何曲かあったので、「全面的にそっちにしったった」感が。
そんでもって、ヤニさんのギターのディストーションっていうんですか?(知らない言葉を使うもんじゃないな・・・・)歪み具合がちょっときつめになってた。
ちなみにヤニさん兵役で当分お休みです(T-T)
森と湖とキシリトールの国フィンランドのイメージから兵役なんて思いもしなかったよ。
歌詞も今までのようなファンタジーに包んだようなものよりも、より現代的でそれがリアルに暗い(笑)トニー、何か嫌なことあったのか?と心配してしまう。

なんだかんだ言っても、ソナタ節は健在で、どの曲を聴いても、すぐにそれとわかる。メロディー部分は変わってないからね。
飲み物で例えるとサイダーがコーンクリームスープになった感じ(なんじゃそれ・・・)
つまりはですな、5枚目にしてもなおクオリティーの高い良いアルバムでした、と。
多分ファンの人がみんな思うように、私もこのアルバム嫌いではない。
1枚目2枚目のアルバムを聞いて同じものを期待するなら、ちょっとオススメできませんが・・・・。

ただ、ファンとしては、このままアメリカ市場を狙うような曲調に傾くのなら、それはいただけない。好きな某メタルバンドかそうなって、どれだけ泣いたか。
リンキンパークのU2化みたいなのも勘弁。
あくまでも北欧メタルとしての色はなくなりませんよう、切に願うばかりです。

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

「スパイダーマン3」

Photo_1 あんまりヒマなんで、イラストとか描いてみたりして・・・・。

似てないけどさ・・・・。



←クリックするとちょっと大きくなります。


 そんなわけで(前日日記から続く)、「スパイダーマン3」見てきました。
(後半ネタばれありです。)
一応3部作最終、きれいにまとまって終わってたように思います。
思いますっ、てのはですね・・・・前半ほとんど覚えてないわけですよ・・・・。
わたくしの集中力がまったく違うものに行ってしまったわけで・・・。
まず初めに2つとなりの席の外国人がうるさい・・・・。
いや、いつものことなんだけどね、ただ、今までで一番近いところにいたから。
そこ、笑うとこか?というところで大声で大爆笑・・・・。
そんなにおもしろかったか・・・・よかったな、楽しそうで・・・。
いや、そんなこと100も承知だけどさ・・・。
外国人さんの笑いのツボはやはり日本人とは違うんだなぁと、毎回思うわけで。
逆に笑ってる外国人見てる方がおもしろかったりして(笑)
その後、スパイディーがガンガン壁にあたったり、なんやかんやと物理的痛いシーンではかならずヒットにあわせて、「アウッ」「オウッ」の連続。
歌舞伎か?民謡か?(掛け声)
今回痛いシーン多かったしね(笑)
で、おとなしくなったと思ったら、チャリーン・・・・。
なぜか小銭を落とす外国人・・・。
暗がりで拾うも再び、チャリーン・・・。


静かなシーンで響かせてんじゃねぇっ!

エンドロールの途中で外国人は退席。
明るくなってから席付近を見ると、100円落ちてたので結局見つけられなかったんだな・・・・。お金はとりあえず席に置いときました。
で、ですな、それと同時進行で、私の席の3つ前ぐらいに赤ちゃんと幼稚園児ぐらいの子供をつれたお母さんが座っていて、その赤ちゃんが始まってまもなくぐずりだした・・・。
初めは赤ちゃんがいるなんて思ってなくて、でもそのうち大声で泣き出して・・・。
そりゃそうだわな。
スパイダーマンだぜ・・・、大音量なのわかってんじゃん・・・。
連れてきちゃダメでしょ;
1度外であやしに出かけて、再び戻ってくるもすぐに泣きはじめ・・・。
2度目に出て行った時はなかなか戻ってこなかったので、一人取り残されたちびっこは、だんだん不安になってきたんでしょうね、「お母さ~ん」って、何回も暗い映画館の中で叫び始めてるわけですよ・・・。
わたくしとしては、気が気じゃなく・・・・もちろん映画に集中もできず、うるさいし・・・。
その子のところに行って、とりあえずなだめるか母親の所へ連れて行ってやろうと、腰を浮かせたところで、お母さん戻ってきて、結局ちびっ子を連れて出て行かれました。
育児で大変で、息抜きか映画好きか・・・・
とは思うものの、やっぱこういう所に赤ちゃんとかは連れてくるのはちょいと考えないと。
子供がかわいそうだったし、きっとお母さん本人も大変だしさ。
子供を駐車場の車の中に置いてパチンコする親を思い出してしまいました。

それと映画館のスタッフも断らないんだね。赤ちゃん連れて中に入るの・・・。
それもどうかと思った一日でした。

 って、映画の話してないじゃん。(オイッ

そんなこんなで前半の集中がうまくいかず、全体がちょっとピンぼけ。
でも、ま、あいかわらずピーターのおちょこちょいぶりとベタな展開にハラハラしてたのは間違いなく、きれいにまとまって終わってました。
ちょっと残念なのはハリー含め、3部通していろんな人の結末が「死」という形で終わらされてるところかな。
それがあるから葛藤が意味をなしてくる、っちゃそうなんだけどさ・・・。
もう一つは、寄生されてブラックスパイダーマンになるわけですが、あの黒いネバピチャした宇宙人(?)の説明は一行ほどで終わり・・・。意外とキーマン(?)なのにね(笑)
(でも話としては何も支障がなく充分だったので、その点は気にならなかった。)
ヴェノムももうちょい活躍して欲しかった。
寄生されて悪の部分を増殖されるんだけど、「心」の変化は変化なのに、どうも「宇宙人」色が気になってそこはちょっともったいなかったかな、と。
ま、パイレーツに比べりゃ
流れも説明のないところもとても上手につくってあったさ。
ライミ監督ばんざい。
しかし悪のピーターの時は前髪がたれてる、ってのには笑った。

あと、MJがちょっとだけ美人になってた。(笑)

んでもって、今回も同じ役者さんだとはわからなかったグウェン役のブライス・ダラス・ハワード。「ヴイレッジ」の主人公。そして今気付いたんだけど、「レディ・イン・ザ・ウォーター」にも出てるって・・・ひょっとしてヒロインのあの女の子????
・・・・気付かないのにもほどがある・・・・オレ;
「ベイブ」のおじいちゃんは分かったのに・・・。

で、今回のみどころ(?)はサンドマン。
砂すげー。です。
一番よかった所はラストのでっかいサンドマン(笑)
そこかいっ。(とりあえず自分でつっこんどく)
そことレストランでのワインを持ってくるところのタイミングがベタでおもしろかった。
ハリーとの戦闘シーンもよかったけど、
ハリー、いつのまにそんなに道具使いこなしてんだ?
2に続き、心の葛藤と誤解と許しと成長がうまいこと練りこまれた話になってたように思う。
本気で悪い人ってのがスパイダーマンには出てこなくって、悪い人に結果なっちゃった、って感じを受けます。
人生自分の選択しだいなんだな、とか深いこと書いてみたりて・・・。



とにかくですね・・・
館内事故ってことで、
お願いだからもう一回見せてくれないかな・・・(泣)

| | コメント (4)

2007年7月 3日 (火)

久しぶりの外

なんだか用事はいろいろあるけど、どれも手につかないのは太陽のせいさ。

・・・・・。

何かこういうセリフが出てくる小説あったなぁ・・・。なんだっけかなぁ・・・。カミュだっけか?

 とにかく暑い。温暖化をひしひしと感じる今日この頃。
「人生についてどん底まで考えよう~第2波~」が来てしまっている鴉です。
色々自分の中で案を出しつくしたので、かなり疲れちゃったし、とりあえず放置。
で、ブログに逃げる。

 では先日のお出かけ話でも。
30日に前々から予定をしていた「スープカレーを食べに行こう」を実行。
カレー同好会メンバー(といっても3人だけ)わたくしとY中さん(打ちにくいので以下ねこちゃん)と新しくできたサティへ。
残念ながらシバヲさんはお仕事で今回はご一緒できず。また行きましょう。映画と。
で、ワーナーが入っているので30日は1000円の日。
行ってみて2人して見たいのがあれば映画もついでに、ということになり、着いたのは11時50分ごろ。
妖精さんとたぁさんが映画を見に来ているということで(2本見るとかで、1日がかり・・・すごいよ)、レストラン街で落ち合い、ジュースのタダ券をいただく。
マンゴーラッシーおいしかったっす。
そして「生たぁさん」も見ることができました。今度はゆっくりみんなでお茶しましようね。
で、スパイダーマン3がやってたのですが、上映は12時15分。

・・・・席あるのか・・・・?

と急いでチケ売り場へ行くと席空いてた~。
こんなぎりぎりで買ったの久しぶり。でもすごくタイミングよく空いててラッキーでした。
ま、その感想はまた別の日に。
 さて、上映も終わり、やっとスープカレーです。多分「心」って名前のスープカレー屋さん。
私はもち豚肉とほうれん草のカレー、ねこちゃんは・・・あれ?何たのんだっけ?
野菜カレーだったかな・・・。肉の種類が違うだけで、具はほとんど同じだったから。
ちなみにご飯の量と辛さが選べます。
ねこちゃんは辛さ3。私は10。(11以上だと追加料金かかります)
3と10だけど辛さは微妙にしか変わらんかった・・・。
お野菜がゴロゴロ入ってて、とってもボリュームがありました。
うまうま~。辛さもいい具合で。
おいしかったっす。意外とお腹いっぱい。
しかし、終始隣の席の赤子に泣かれる。お母さん大変。
実は映画館でも赤子に泣かれ・・・。赤ちゃんdayでした・・・。

ま、これもまた今度映画の話の時に(T-T)
その後お店をぐるぐる見ながら、楽しんで帰りました。
パジャマだ蚊取り線香だといろいろ探させてしまって、ごめんね、ねこちゃん。
また行こう(^m^)練習にもまた付き合ってください。

 その後帰ってすぐに、前の仕事場の仲間でお食事会。
いつもはヒマなのに、こういう時に限って重なるんですよね・・・。
で、肉~。

でも着いて早々やみつき塩キャベツ。

牛角に来たら、肉よりこれ
7人で結局どんだけ食べたんだって、いうぐらい食べました。
tanutaruポコのブログによると30人前?(笑)
少なくとも私が着いてから12人前は追加したはず。激うまです。
タレ売ってください。
存分に食って、ちょこっとみんなの近況なんかも聞いて、改めて会を発足したりして、お開きに。
帰りは、tanutaruポコ・雷火君(で、あってるっけ?)夫婦とちょぜすけさん(以下ちょぜさん)とで途中まで一緒に帰り、夫婦と別れてからはいつも通り、原チャリ同士のちょぜさんと家までご一緒、
なんですが、近所まで帰ってきたところで、パトカーと警官が。
何だ何だ?事故か事件か?捜査にご協力?と、好奇心丸出しで警官の指示通り止まってみれば、

飲酒検問でした。

「じゃあ、はーっ、と息出してもらえますか~?」と気軽に警察官。
私は元々下戸だから酒は一滴も飲んでないけど・・・・。
ちょぜさん・・・・確か・・・ジュース以外のもの飲んでましたよね・・・・。
後ろのちょぜさんをちらちら気にしつつ、ある意味自分も躊躇。だって・・・

焼肉の後なので・・・息・・・はきたくないです。(泣)

勘弁して・・・とおもいながらとりあえず口を開けて少量の息を吹く。
「はい、大丈夫ですね」と、開放。
気にはなったけど、何事もないように発進。
でもすぐ後からちょぜさんが来たので、一安心。
検問が見えなくなってから2人して、大騒ぎ。びっくりした~。
あんなとこで飲酒検問なんかするか~????
でも、引っかからなくてよかった(T-T)
飲んだといってもチュウハイ1杯とあとはお茶とか飲んでたし、時間も経っててもちろん酔ってはいなかった。
でも酔ってはいなかったとはいえ、ちょっとびっくりするよ。
焼肉の匂い(炭火だしね)がきつかったから簡単にパスできたのかな・・・・;
しかし確実に、臭っ、とか思われたんだろうと思うと・・・ううっお嫁にいけない(泣)
あの道は今度から迂回しましょうね。
もちろんお酒は飲んだら乗るな、飲むなら乗るな、です。

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »