« 「13ゴースト」 | トップページ | 「マスター・アンド・コマンダー」 »

2007年5月 2日 (水)

「知りすぎた男」「ヤン・シュワンクマイエル短編」

昭和の日って何????

おはようございます。久しぶりの更新です。
だって前半でだいたい時間使い切っちゃうんだもん(爆)
先月は原チャリの自賠責保険のせいで(払わなきゃいけないのすっかり忘れてた)
親にローンです。
そういえばネット用の通帳にもお金足しとかなきゃ・・・・。
何かとお金ってものはいるんだよね。まったく。

忘れないうちに映画の話。
半額だったので5本レンタル。
「13ゴースト」(前ページに感想済)、「知りすぎた男」「マスターアンドコマンダー」「ヤンシュワンクマイエルの短編集(ジャバウォーキー)」「オーブラザー」。

「知りすぎた男」はヒッチコック監督の映画です。「ハリーの災難」とどちらを借りようか迷って、セルフリメイクの文字にふらふらと「知りすぎた男」に。
つっこみどころはいろいろあったものの、今から考えると凶暴性の全くない犯人だった。
近年の「犯人性」ってのはかなり凶悪だからかな・・・。
 覚えてるシーンは主人公がモロッコだかどこかの国でご飯食べる時、低すぎるソファーでの足の位置が定まらなくてモゾモゾするところと、その奥さん役の「ケセラセラ」の歌のシーン(この女優さんは歌手だよね?)。
話はとても考えられて作られてるな、と。
ただ何かが物足りないと感じるのは、インパクトばかりが強い最近の映画を見すぎてるだけかしら・・・と。
で、監督はこの作品にカメオしてたのかな?

「短編集」。チェコのシュルレアリスト、ヤン・シュワンクマイエル。
パペット・ア二メーションといってもウォレスとグルミットやティムバートンのナイトメアのようなものではなく、靴下が動いたり人形でもクレイアニメではない方で、実写とまぜてつくられているのがほとんど。
言葉では説明できません。
とりあえず見て。

感想?
「わかんねーーーーーー!!!!(絶叫)」の一言です。


でも、なんかすごい、いい。いいんだよ。
社会風景だとかいろいろ盛り込まれてるはずなんだけれども、難解すぎるので私としてはただ素直に見て楽しんでます。
いろんなところに何だろ、これ?ってのがあって。
多分こういう見方は監督の意思とか無視してるかっこうになるかもしれんけど、
わからないなりにも、とにかくものすごくいろんなことを「考える」「考えされられる」映画。
抽象絵画みたいに「隙間」があるの。
ああ、もう、言葉にするとだめだな。
「短編集」中で一番好きなのはオヤジが家の中のドアに穴あけて、覗き見の後、ダイナマイト入れていく話。でも全部好き。
とりあえずオススメは長編作品の「アリス」。
近くのレンタル屋が早く「オテサーネク」置いてくれますように・・・・。
 で、これが好きなら、病的ストップ・アニメーション、ブラザーズ・クエイの「ストリート・オブ・クロコダイル」も見てっ。衝撃受けることまちがいなし。
この人たちの感性はどっからきてんだろなぁ・・・・。

|

« 「13ゴースト」 | トップページ | 「マスター・アンド・コマンダー」 »

コメント

昭和の日どころか毎日色々な日があるんですよ☆
ちなみに今日はみどりの日。
4月23日なんてサン・ジョルディの日ですよ!?
スペインのカタルーニャ地方に伝わる守護聖人サン・ジョルディをたたえる日。この日に女性は男性に本を、男性は女性に赤いバラを贈る風習がある。
とかいう感じで・・
サンジョルディーって誰だよって感じですよね(笑)

投稿: tanutaru | 2007年5月 4日 (金) 20時32分

(笑)そうだね、いろんな日があるね。

 どこでサンジョルディーの日なんての知ったの(笑)

 みどりの日の毎日新聞は、新聞社のロゴが青から緑いろになるよ。

投稿: KK | 2007年5月 6日 (日) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「13ゴースト」 | トップページ | 「マスター・アンド・コマンダー」 »