« 夢 | トップページ | 「知りすぎた男」「ヤン・シュワンクマイエル短編」 »

2007年4月15日 (日)

「13ゴースト」

もぷちゃん、これおもしろいよ。

と、いうことでこんばんばん。昼間の地震におののきながらビデオ鑑賞です。
先日レンタル半額だったので、ここぞとばかりに色々借りてきました。
と、ここでまた地震・・・・(@□@)ひー。
うううう・・・小さなゆれでも怖いだよ。
さて、気をとりなおして・・・。

で、もぷちゃんに教えてもらった映画「13ゴースト」です。
怖いのだめなんですよ。
しかもパッケージの後ろの写真がめちゃグロ怖・・・。
だからパッケージ見て、毎回借りるのをやめてたけど、とりあえす半額だし、もぷちゃんを信じてレンタル。
したらおもろかった。ホラーだけど、どっちかっていうとモンスターや魔法系?

ダークキャッスル・エンターテインメント制作にジョエル・シルバー、ロバート・ゼメキス
監督はスティーブ・ベック。
オリジナルはギミックの帝王ウィリアム・キャッスルの同題名。
ちなみにこのオリジナル、上映時は3Dのしかけがあり、例のめがねをかけると、
見えない幽霊が見えるしかけになってたとか。見てぇ・・・・。
他の映画ではあるシーンになるとイスに微量の電流がはしるとか・・・。
こういうのされると、映画館行っちゃうよね。

毎度ながらのネタばれありです。
まだの方はご注意を。

さて、なにがすごいって、美術がすごい。
ガラス張りの屋敷もすごいし、ゴースト12人もすごい。
もう、屋敷最高!
カメラさんブラボー!
特殊メイクさんお疲れさんですっ


って感じ。

さすが美術監督の経歴は伊達じゃない。
最初の車のスクラップ場での捕獲シーンから釘づけです。
見せ方がいいのかな?
 妻をなくしたアーサーとその子供2人。ある日おじのサイラスから遺産相続が舞い込む。
その屋敷はガラス張りの豪邸。
しかしガラスには呪文が書かれ、地下にはゴーストたちが捕らえられていた。
霊能力者ラフキンの力とカリーナの力を借り、ゴーストを見ることができるめがねをかけつつ(オリジナルでいうところの、客がつけるめがねを、役者がつける形になってる)、連れ去られた子供を助けるのと集められたゴーストの魔の手から逃げつつその計画を阻止するわけですが・・・・。
ラフキン役のおにいちゃんと子守役のおねいちゃんが中々いい感じ。
相続の話が来たときにもらう鍵とか冒頭の捕獲シーンとかちょっとわくわく感をくすぐる。
ゴースト達も一人一人きっちり造ってあって、DVD映像特典ではかなり詳しくエピソードを知ることができます。なので、先にこっちを見てから本編をみると、彼らがなぜそういう姿をしてるのかわかります。でも、本編では体中に傷のあるゴースト以外はこの細かいエピソードもあまり反映・紹介されず。ちょっともったいないな。
やたらと血が流れてるけれど、あまり気にならないさっぱり感。
ちなみに本編に出てくる魔法書のゴーストのイラスト、けっこう好き。
 で、総ガラス張りの屋敷が動くところが、また見ててすごい。
見てるときは気付かなかったけど、反射がないの。ガラスの。
たいがいガラス越しにとったり、バックはガラス(白で呪文が書かれてるけど)なんでもちろん反射の問題は大変だったみたい(メイキング参照)。
すごいね。ホント、CGとかも気付かないぐらい自然だったり。
ただ、正面玄関に飾られた日本の鎧兜と日本刀の意味がよくわからんかった。
武者の甲冑と日本刀って、神秘的アイテムなのか?

ゴーストの作りこみ(造りこみ)がきっちりしてる分、チャっチイ雰囲気にならず、かといってグロさも嫌味がなく(そういうの苦手な人はだめだろうけど)、無駄なCGの使い方もされてなく、最後はハッピーエンドでけっこうよかったかな、と。

|

« 夢 | トップページ | 「知りすぎた男」「ヤン・シュワンクマイエル短編」 »

コメント

( ●´艸`)ムフ
面白かったでしょ~( ̄∀☆ニヤリ
屋敷、サイコ~(≧ω≦)b
ブログ読んでて、また観たくなっちゃったも~ん♪
でも、ツタヤここ数年行ってなくって、カードの期限も切れちゃったぁ~( ●´∀)ノアハハハ

地震、怖かったねぇ~(((( ;°Д°))))ガクガクプルプル
非常食、買い込んどかなきゃ~((((((ノ゚⊿゚)ノ

投稿: ☆ももぷりん☆ | 2007年4月16日 (月) 16時06分

おもしろかったよ~。
またおもしろいのあったら教えてね~(^m^)

最近また地震が多いから、非常食買い込んどかなきゃね!

投稿: くー | 2007年5月 6日 (日) 18時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夢 | トップページ | 「知りすぎた男」「ヤン・シュワンクマイエル短編」 »