« 「ウィンブルドン」 | トップページ | DEEP PURPLE DVD »

2007年2月 5日 (月)

「フライトプラン」

この間興福寺の鬼さん見てきました。ピースしてはりました。
サービスとはいえ、そりゃだめだろ、鬼。
そんでもって万燈籠もとってもきれいで、提灯買って夜道を行くのはおもしろいね。
とっても幻想的。星もきれいで。
提灯の灯ってけっこう明るいことに気づきました。

全く関係ない前フリでしたね。はい。今日は映画「フライトプラン」。
例のごとく、全文ネタばれなので、まだの人は読まれないように。
ジョディー・フォスターが主役で宇宙人が出てこない方の誘拐事件です。
夫を亡くしたジョディーは小さな娘と飛行機に乗りドイツを後にします。
パパが居ないことに精神的不安を垣間見せる娘。
少しの間、眠った母親が起きると、娘の姿が見当たらない・・・。
必死で機内を探すお母さん。
しかし娘はいないどころか、誰も見たことが無いと言い出す。
夫を亡くしたショックで精神が病んでしまっていると機長にも言われ、
調べた結果が、娘も夫と一緒に死んでいたという悲しい知らせ。
しかし自分は間違っていない、娘はこのどこかにいると、
飛行機の設計士でもあるジョディーは独自に動くが・・・。

後半少しさっぱり感がいなめないものの、おもしろかった。
とにかくエンジニアの母は強し、といったところでしょうか。
誰も味方がいなく、子供までいなくなるのは耐えられないとばかりにヒートアップする母の
気持ちはよくわかるけど、それを超えての迷惑ぶり・・・。
へたに詳しいからいろんな所を開けて探しちゃうし、あげくに電気切っちゃうし。
全編を通して、みんなからの冷たい目が続く居心地の悪い空気感。
それにしても、普段座席とトイレ以外は見たこともないから、
飛行機の中って、けっこう広いんだなぁと、映画を見ながら知る。
そして飛行機にはプラスチック爆弾でも耐えれる頑丈なところがあるんだね・・。
主人公が、犯人が誰か分かった瞬間が私の中での盛り上がり部分。
あっさり犯人が自分が犯人であることを認めたので、
あんだけ綿密に計画しといて、これかよ、と少々気が抜ける。
でも刑事とスチュワーデスが共犯ならある程度何でもできちゃうわな。
そういう意味じゃ(話を考える側としては)最初の設定でジョーカーつくっちゃったのね。
まあ、アガサクリスティーの列車の中よりはフェアだけど・・・。

犯人役の俳優さん、どっかで見たことがあるけど思い出せず・・・。
そういえば、ジョディー・フォスターとシガニー・ウィバーとジュリアン・ムーアって、
なかなか区別つかないんだよね・・・。
ショーン・ビーンはとりあえず出てるだけで満足。

|

« 「ウィンブルドン」 | トップページ | DEEP PURPLE DVD »

コメント

あ、この映画観たょ~(● ̄∀ ̄)
CM観たときは面白そうだったのに、ちょっと、拍子抜けな映画だった・・・(ノ∀`。)アハ
もっとアクションあると思ってたのん(ノд`)

そういえば最近、映画観てないや~(;´д`)ノ
今、アニメ版「のだめカンタービレ」に二人してハマってるくらい・・・(ノ∀`。)アヒャ

投稿: ☆ももぷりん☆ | 2007年2月 7日 (水) 16時36分

もぷちゃん
 あぁ、確かに(笑)
 CM見てたらもっとアクションあるかと思った。
 でも悪く無かったよ。
 先に「フォーガットン」みちゃったからかな(f^^;)
 
 のだめはおもしろいよね~(ただし海外へ行くまで)。
 今度のお茶の時にいろいろお話しませう。

投稿: くー | 2007年2月10日 (土) 10時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「ウィンブルドン」 | トップページ | DEEP PURPLE DVD »